Air Pods用ワイヤレス充電ドック SATECHIのUSB-C WIRELESS CHARGINGでAir Pods Proの充電忘れを防止

デスク関連
スポンサーリンク

みなさま、お世話になっております
よーやっと(@aaaiii0214)です

今回の記事ではSATECHIから発売されているAir Pods用のワイヤレス充電ドック “SATECHI USB-C WIRELESS CHARGING”を紹介していきます。

今までAir Pods Proの充電はiPhoneと同じケーブルを使って有線でおこなっていたのですが、つい充電することを忘れてしまい、職場でのお昼休みに「音楽聴きたいのにAir Pods Proが充電切れで聴けない」ということがよくありました。

  • デスク上にワイヤレス充電器を設置してAir Pods Proに定位置をつくってあげる
    ことで充電忘れを防げる
  • 作業に集中するためにデスクにスマホを置きたくないので、スマホは充電できない
    ワイヤレス充電器
  • シンプルなデザインがアルミの削り出しボディのApple製品と非常に相性が良い

という理由でAir Pods用のワイヤレス充電ドック “SATECHI USB-C WIRELESS CHARGING”を購入しました。

created by Rinker
Satechi
¥4,410 (2022/11/26 09:45:34時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

シンプルかつコンパクト『SATECHI USB-C WIRELESS CHARGING』

こちらが今回購入した『SATECHI USB-C WIRELESS CHARGING』(¥3,299)
ケーブルなど余計なものを排除したとてもシンプルなデザインがApple製品との相性も良い。
最大出力は5W。

スポンサーリンク

外観

Air Pods Proとほぼ同じ大きさなので、もちろんデスクの上に置いても邪魔になることはなく、あたかも最初からデスクの一部であったかのように溶け込んでくれる。


本体はAir Podsの形状に合わせて窪んでいるため、Air Podsをしっかりホールドしてくれます。
Qi充電パッドは端末を置く場所が意外とシビアだったりするので、特に意識せずAir Podsを置いてもキチンと充電のスイートスポットに導いてくれる親切設計なのは嬉しい。


裏側はモダンなアルミニウム仕上げで非常に高級感があり、MacbookやiMacとの見た目の相性も良い。ついつい触ってしまうほどさらさらとした質感がまた気持ち良いし、触っても指紋が目立たないのも嬉しい。

側面には主張しすぎないSATECHIのロゴ

正面には作動ランプ

正面の作動ランプはAir Podsを充電していなくても、『SATECHI USB-C WIRELESS CHARGING』に通電していると点灯します。


自分は普段『SATECHI USB-C WIRELESS CHARGING』を同じSATECHI社製のiMac用スタンドに接続して使用しています。

もちろんパッケージ裏の写真のようにUSB-typeC搭載のiPadやMacbookのポートに直接接続してAir Pods Proをのせて充電することも可能です。(ワイヤレス充電ケース付きのAir Podsにも対応)

スポンサーリンク

実際に使ってみた感想

メリット

  • デスク上にAir Pods Proの定位置を作ることができ、こまめに充電をするようになった
  • デスクにおきっぱなしでも画になるデザイン
  • ケースをつけたままでも充電ができる
  • コンパクトなサイズなのでガジェットポーチに入れて外出先でも使用できる

今まではバッテリーがなくなりかけ、もしくはなくなったタイミングで有線で充電をしていたが、
『SATECHI USB-C WIRELESS CHARGING』のおかげでこまめにAir Pods Proを充電ドックに置くことを習慣化することができ充電忘れがなくなりました。

ケースをつけていても充電可能

シンプルで画になるSATECHIらしいデザインもさることながら、家でも外出先に持ち出してもポートに直接接続するだけで使用できるフットワークの軽さも『SATECHI USB-C WIRELESS CHARGING』魅力だと考えています。

デメリット

  • 充電速度が遅い
  • SATECHIのスタンドのUSB-Aポートを1つ塞いでしまう
  • 背面がアルミなので、素材が同じSATECHIのスタンドの上に置くと金属と金属が擦れる不快なイヤな音が出てしまう

最大出力5Wのワイヤレス充電器なので仕方がないことだし、最初からわかっていたことだが充電速度は遅い。なので自分は”普段の充電”は無線を、”急いで充電したい時”は有線を臨機応変に使い分けるようにしている。

本来iPad Proでの使用を想定して作られた商品であるため致し方ないとは思うが、ポート間の距離が近いと隣のポートをふさいでしまう。(一応延長用のケーブルが商品化されてはいる)
SATECHIのスタンドにはUSB-Aが3つ、USB-Cが1つ備わっているが、自分のスタンドはUSB-Aの1つはロジクールのマウスのレシーバーで埋まっているためAir Pods Proを充電中は使えるUSB-Aのポートは1つしかなく若干不便だったりする。

充電中は使えるポートが1つしかない

個人的に1番のデメリット 最初の予定では充電ドックはSATECHIのスタンドの上に置いておくつもりだったのだが、すこしでも充電ドックを動かすと金属と金属が擦れるあのイヤ〜な音がして背筋がぞわぞわっとしてとても気持ち悪かった。充電ドックの裏に養生テープを貼ろうかとも考えたがせっかくのデザインを台無しにしてしまいそうな気がしたのでおとなしくデスクに置くことにした。

まとめ : “使いたい時に使えない”をなくす

今回の記事ではSATECHIから発売されているAir Pods用のワイヤレス充電ドック “SATECHI USB-C WIRELESS CHARGING”を紹介しました。

メリットよりもデメリットの方が長文になってしまいましたが、毎日ほぼ無意識的にAir Pods Proを充電するという習慣を作り、“使いたい時に使えない”をなくしてくれた『SATECHI USB-C WIRELESS CHARGING』はデメリットを補って余りあるほどのパフォーマンスをあげてくれたと個人的には思っています。

外出先でもUSB-Cポートに挿すだけで手軽に使える製品ですので、Air Pods Proの充電が少なくなった時の応急処置用にガジェットポーチに忍ばせておくのも良いかもしれません。

「Air Pods Proの充電 よく忘れてちゃうんだよな」という方は是非検討してみて下さい。

この記事がみなさまのお役に少しでもたてていれば幸いです。

それでは

created by Rinker
Satechi
¥4,410 (2022/11/26 09:45:34時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました